古風味豊かな琉球泡盛「時雨」・「歓」

識名酒造のこだわり

首里のふもと豊かな水の恵みと温かな人々の心に守られ育まれた銘酒泡盛

泡盛ができるまで

1

 

1.原材料 洗米・浸漬

1.原材料 洗米・浸漬
原料米を蒸米機に入れていきます。
この機械ひとつで、750kgの米を入れる事ができ、洗米・浸漬・蒸し・黒麹菌の種付けまでの工程をこの機械一つで行う事ができます。

2

 

2.蒸し

2.蒸し
洗米・浸漬した米をムラなく蒸していきます。

3

 

3.黒麹菌の種付け

3.黒麹菌の種付け
蒸した米を冷却し、「黒麹菌」を混ぜます。

4

 

4.製麹

4.製麹
米全体に黒麹菌を混ぜたら、蒸米機から取り出し、約2日間寝かせます。
米を寝かせることで、最初は白かった米が黒っぽく変色し、米麹が出来ます。

5

 

5.仕込み

5.仕込み
米麹をタンクに移し、酵母と水を加えて、約2週間アルコール発酵させます。

6

 

6.蒸溜

6.蒸溜
熟成させたもろみを蒸溜タンクに移し、単式蒸留器で蒸溜します。こうして、泡盛の原酒が誕生します。

7

 

7.貯蔵・熟成

7.貯蔵・熟成
誕生した泡盛の原酒は、貯蔵タンクやカメに貯蔵し熟成させます。こうして、古風味豊かな味わいの泡盛へと変化します。

酵母について

お酒のアルコールは酵母によって作られます。麹が米のでんぷんを分解してブドウ糖に変え、酵母がブドウ糖を食べてアルコール発酵ができるようにする働きをします。
酵母が作る香気成分や味成分は、酵母の種類によって異なりますので、使用する酵母によってお酒の香りや味が変わります。

王家の厳しい管理の下で、泡盛づくりが許された首里三箇。

識名酒造は、その首里の城下「赤田町」で創業大正7年より、泡盛作り一筋に歩んできました。
古風味豊かでまろやかな味わい、郷愁を誘う昔ながらの素朴なラベル。

私達は、穏やかで情緒あふれるこの地で、これからも伝統の手法を守りながら本物の泡盛を追求していきます。

黒麹菌
黒麹菌

【Column コラム!】琉球泡盛の定義

黒麹の源流、タイ米へのこだわり

黄麹や白麹が使われる日本酒や焼酎に対し、泡盛に使われるのは100%黒麹菌(くろこうじきん)のみ。
また、タイ米を原料とするのも泡盛の大きな特徴といえます。
黒麹を使って原料のタイ米を米麹にし、それに水と酵母を加えてもろみにして2週間ほど発酵させるシンプルな工程は「全麹仕込み」と呼ばれ、これも泡盛独特のものです。
また、泡盛のもろみの蒸溜は、原料の風味をあますところなく蒸留酒に凝縮させる「単式蒸留機」と定められています。

そして、沖縄で製造したものだけを「琉球泡盛」としています。このこだわりの数々が、沖縄が世界に誇る泡盛独特の味わいや香りにつながっています。


【識名酒造】098-884-5451 FAX:098-884-5458 〒903-0813 沖縄県那覇市首里赤田町2丁目48

泡盛百科

おすすめ商品

時雨 無濾過
時雨 無濾過

20年古酒43度/720ml